エネルギー動かすアート

エネルギー動かすアート創り

オホヒルメ∞玉響〜タマユラ〜∞

こんにちは。

 

オホヒルメ∞玉響〜タマユラ〜∞が無事に終演しました。

今回は色々チャレンジでした。

まず、私は神託舞踊を入れませんでした。

巫女の神託という台詞があるのに関わらず、

踊りいれないなんて‼︎

 

踊らない舞台は8年ぶり、毎回何かとこじつけて神託舞踊入れてきたのでした。

入れないことで、色々と勉強になりました。

 

最終的に参加頂いた皆様のおかげで、是非再演したいと思える作品となりました。

 

エネルギー的には千秋楽の前にやっと場も安定し降りてきました。この為に構築してきたと思います。

 

今回は、突如称徳天皇という全く知らなかった方の物語をやる事になり周りもびっくり、私もびっくりでした。

 

でも、理屈ではなく来たからにはやるしかない、そしたら調べるもの半端ない。

 

で、奈良へいったり、道鏡のお墓がある栃木いったりほとんどはじめはリサーチでした。

 

リサーチするほど、きてる感覚と違うんだよなぁ、ってなりとにかく芝居を立ち上げていきました。

 そして、何より今回万葉衣装企画様、山口千代子さんに出会えたことは、本当に宝でした。

素晴らしい衣装‼︎

 

日本はなんと素晴らしい国なんだと、奈良時代を学び創りながら体感しました。

 

大和の国、大倭の国、最高に好きです。

 

 

f:id:shamballaplanetapollon:20180210005318j:imagef:id:shamballaplanetapollon:20180210005337j:imagef:id:shamballaplanetapollon:20180210005410j:image

 

 

奈良へ

ひと月前の話ですが奈良へ行ってきました。
次回公演のリサーチ。


初の奈良の大仏の盧遮那仏や西大寺では四天王、
本物の百万塔を間近で見れました。
f:id:shamballaplanetapollon:20171013023357j:image

東大寺の大仏

 

f:id:shamballaplanetapollon:20171013023525j:image
{3836C729-2DA3-4CC7-B531-37A7F238AD84}

 平城宮跡 大極殿

 f:id:shamballaplanetapollon:20171013023415j:image

 

 

 

1200年前ここに沢山の人が生活していた。

奈良時代の映画や舞台は、幕末や戦国時代とかと比べて少ないですが、どんな物語が紡がれていくのか楽しみです。

 


LOVE

 

 

秋分奉納祭

 

こんにちは。

秋分奉納祭、和羅靈は島根へ行きます。


ヤツカノツルギ。

ライフワークの中で春分から着々とエネルギーを1人1人が構築していく。
儀礼は人生の在り方そのもの。

生命そのもの。


その時だけで終わるのではない連動していく。

 

f:id:shamballaplanetapollon:20170825002836j:image

 


秋分奉納祭「むすびの儀」in島根国宝松江城

 十種神宝~ヤツカノツルギ~

 

儀礼芸術集団「和羅靈~ワラヒ~」

によって執り行われる本格的ART奉納。

 

人がより高いレベルへと意識進化する十種神宝(とくさのかんだから)の持つパワーを

奉納を通し日本の精神の中に復活させます。

 

十種神宝とはニギハヤヒノミコト天孫降臨の際に授かったとされる神宝。

三種の神器をより細かく分類したものともいえます。

 

多くの神話は創造空間であるツクリバのストーリーであり、

神宝として授けられたモノは人間の精神進化や世界の進化を促す、

ツクリバへの帰還の鍵となる意識プロセス。

神話として残された宝の波動に触れることで、

私たちはかつて神々が世界を創造した時のような

クリエイションのパワーを取り戻すことができます。

 

前回に引き続き今回は十種神宝3つ目の宝となる

「ヤルカノツルギ」によって、

その場に参加する人々や日本という土地に対して、

クリエイションのための天と地の「むずびの儀」を行います。


詳しくはこちらから

http://www.yukakato.co/shubunhounousai

 

https://www.facebook.com/events/267119733784234/?ti=icl


{8EC0A668-F67E-435A-9FC7-B7E425A9FF91}

 

Hexagram∞ジャンヌ・ダルクの秘義∞公演終了


Hexagram∞ジャンヌ・ダルクの秘義∞
無事に全公演終了しました。

ご来場頂きました皆様ありがとうございました‼︎

 

出演者の皆さん、スタッフの皆さん、
そして、アブラクサスの岩崎、由利子さん、河内くんのおかげで公演する事が出来ました。


いつも応援してくれている、仲間や、古くからの友人たちに感謝しています。

f:id:shamballaplanetapollon:20170712173951j:image

 

ジャンヌの最も信頼していた戦友ジャック、ジャンヌ、ジャンヌの親友オメット


f:id:shamballaplanetapollon:20170712173321j:image

ジャンヌとジャック


f:id:shamballaplanetapollon:20170712173342j:image

異端審問


f:id:shamballaplanetapollon:20170712173411j:image 

 

f:id:shamballaplanetapollon:20170712173436j:image

 


ジャンヌとオメット
十字架は修道士マルタン役でもあり美術家の奥居さんが創って下さいました。ジャンヌの象徴になりました。ありがとうございました。

 

 f:id:shamballaplanetapollon:20170712173523j:image

 

イザベル、ジャンヌの大事な母

 

f:id:shamballaplanetapollon:20170712173606j:image
打ち上げ風景。

 



 


今回ぶっちゃけると、ジャンヌと共にいた時間は昨年からです。いや2年前。
そして第一稿台本完成は3月1日、5人の回想芝居、そして、台本は今までやった事がない回想劇に仕上がっていったのです。

 

ジャンヌの奇跡を信じ、走り続けたような公演でした。

何故なら、本気で何度も、今回は公演出来ないかもしれないという状況になりました。
しかし、その度に「公演は必ず出来ます。」
という、メッセージかのような出来事がおきていました。
それも、1度ではなく何回も。

それに励まされとにかく前に進み、私の仲間、和羅靈の皆からも背中を押してもらい、

今回の題材にピッタリな、情熱あるパワフルな出演者の皆さんに出会いました。
オメット役の七笑さんは、2年前のヘレンケラーのお話で、パワフルなサリバン先生をやっていただいていましたが、他の方々は今回がはじめての方々でした。

この俳優さん達だから出来た今回の舞台でした。

 

 

f:id:shamballaplanetapollon:20170712173736j:image

そして、もう一つ予想外だったこと。

ジャンヌ・ダルクのエネルギーとジャンヌを通して宇宙からくるエネルギーが強烈すぎだった事です。

劇場入りして本番はじまってから、エネルギーが来過ぎて、身体と声、呼吸のコントロールが大変だったことが、私にとって次の課題でもあり、予想外だった事でした。

今までやってきた芝居も、毎回エネルギーを流す為にやってきました。
【太古の演劇は天と地と人間の橋渡しでした。アブラクサスは、公演は太古の神殿と考え、
その橋渡しの演劇をしています。】

今回は、今までにない程の、
高いところからエネルギーが来ていました。
まさかの、この強烈な波動をダンスで5分間とかではなく、1時間45分保持しながら、
演じる身体をもっとつくる必要がある。それが私の今後の課題です。

 


こんな話を正直に、書いているのは、
今回の公演を終えて今後のアブラクサスの方向性をハッキリしていこう決めたからです。


本番終えた 10日の早朝、突然今まで誤魔化し、隠していた事をやめていこうと、スッパリ削ぎ落とされました。

今まで隠してきた、どう思われるかを気にして堂々と公表出来ていなかった、
自分が本当に舞台を通してやっていきたいかったことを、前に出していく団体にしようと決意しました。


アブラクサスは【太古の演劇は天と地と人間の橋渡しでした。アブラクサスはその橋渡しの演劇をしています。】
をより前面に出していきます。

そこに賛同して頂ける方々と繋がり新しい社会システムを生み出していく為に。


f:id:shamballaplanetapollon:20170712173828j:image

ジャンヌありがとう‼︎

毎回泣けるほどの愛と内なる静けさ、ミッションからくる炎の剣を体感しました。

 


f:id:shamballaplanetapollon:20170712173852j:image

LOVE