エネルギー動かすアート

エネルギー動かすアート創り

奈良へ

ひと月前の話ですが奈良へ行ってきました。
次回公演のリサーチ。


初の奈良の大仏の盧遮那仏や西大寺では四天王、
本物の百万塔を間近で見れました。
f:id:shamballaplanetapollon:20171013023357j:image

東大寺の大仏

 

f:id:shamballaplanetapollon:20171013023525j:image
{3836C729-2DA3-4CC7-B531-37A7F238AD84}

 平城宮跡 大極殿

 f:id:shamballaplanetapollon:20171013023415j:image

 

 

 

1200年前ここに沢山の人が生活していた。

奈良時代の映画や舞台は、幕末や戦国時代とかと比べて少ないですが、どんな物語が紡がれていくのか楽しみです。

 


LOVE

 

 

秋分奉納祭

 

こんにちは。

秋分奉納祭、和羅靈は島根へ行きます。


ヤツカノツルギ。

ライフワークの中で春分から着々とエネルギーを1人1人が構築していく。
儀礼は人生の在り方そのもの。

生命そのもの。


その時だけで終わるのではない連動していく。

 

f:id:shamballaplanetapollon:20170825002836j:image

 


秋分奉納祭「むすびの儀」in島根国宝松江城

 十種神宝~ヤツカノツルギ~

 

儀礼芸術集団「和羅靈~ワラヒ~」

によって執り行われる本格的ART奉納。

 

人がより高いレベルへと意識進化する十種神宝(とくさのかんだから)の持つパワーを

奉納を通し日本の精神の中に復活させます。

 

十種神宝とはニギハヤヒノミコト天孫降臨の際に授かったとされる神宝。

三種の神器をより細かく分類したものともいえます。

 

多くの神話は創造空間であるツクリバのストーリーであり、

神宝として授けられたモノは人間の精神進化や世界の進化を促す、

ツクリバへの帰還の鍵となる意識プロセス。

神話として残された宝の波動に触れることで、

私たちはかつて神々が世界を創造した時のような

クリエイションのパワーを取り戻すことができます。

 

前回に引き続き今回は十種神宝3つ目の宝となる

「ヤルカノツルギ」によって、

その場に参加する人々や日本という土地に対して、

クリエイションのための天と地の「むずびの儀」を行います。


詳しくはこちらから

http://www.yukakato.co/shubunhounousai

 

https://www.facebook.com/events/267119733784234/?ti=icl


{8EC0A668-F67E-435A-9FC7-B7E425A9FF91}

 

Hexagram∞ジャンヌ・ダルクの秘義∞公演終了


Hexagram∞ジャンヌ・ダルクの秘義∞
無事に全公演終了しました。

ご来場頂きました皆様ありがとうございました‼︎

 

出演者の皆さん、スタッフの皆さん、
そして、アブラクサスの岩崎、由利子さん、河内くんのおかげで公演する事が出来ました。


いつも応援してくれている、仲間や、古くからの友人たちに感謝しています。

f:id:shamballaplanetapollon:20170712173951j:image

 

ジャンヌの最も信頼していた戦友ジャック、ジャンヌ、ジャンヌの親友オメット


f:id:shamballaplanetapollon:20170712173321j:image

ジャンヌとジャック


f:id:shamballaplanetapollon:20170712173342j:image

異端審問


f:id:shamballaplanetapollon:20170712173411j:image 

 

f:id:shamballaplanetapollon:20170712173436j:image

 


ジャンヌとオメット
十字架は修道士マルタン役でもあり美術家の奥居さんが創って下さいました。ジャンヌの象徴になりました。ありがとうございました。

 

 f:id:shamballaplanetapollon:20170712173523j:image

 

イザベル、ジャンヌの大事な母

 

f:id:shamballaplanetapollon:20170712173606j:image
打ち上げ風景。

 



 


今回ぶっちゃけると、ジャンヌと共にいた時間は昨年からです。いや2年前。
そして第一稿台本完成は3月1日、5人の回想芝居、そして、台本は今までやった事がない回想劇に仕上がっていったのです。

 

ジャンヌの奇跡を信じ、走り続けたような公演でした。

何故なら、本気で何度も、今回は公演出来ないかもしれないという状況になりました。
しかし、その度に「公演は必ず出来ます。」
という、メッセージかのような出来事がおきていました。
それも、1度ではなく何回も。

それに励まされとにかく前に進み、私の仲間、和羅靈の皆からも背中を押してもらい、

今回の題材にピッタリな、情熱あるパワフルな出演者の皆さんに出会いました。
オメット役の七笑さんは、2年前のヘレンケラーのお話で、パワフルなサリバン先生をやっていただいていましたが、他の方々は今回がはじめての方々でした。

この俳優さん達だから出来た今回の舞台でした。

 

 

f:id:shamballaplanetapollon:20170712173736j:image

そして、もう一つ予想外だったこと。

ジャンヌ・ダルクのエネルギーとジャンヌを通して宇宙からくるエネルギーが強烈すぎだった事です。

劇場入りして本番はじまってから、エネルギーが来過ぎて、身体と声、呼吸のコントロールが大変だったことが、私にとって次の課題でもあり、予想外だった事でした。

今までやってきた芝居も、毎回エネルギーを流す為にやってきました。
【太古の演劇は天と地と人間の橋渡しでした。アブラクサスは、公演は太古の神殿と考え、
その橋渡しの演劇をしています。】

今回は、今までにない程の、
高いところからエネルギーが来ていました。
まさかの、この強烈な波動をダンスで5分間とかではなく、1時間45分保持しながら、
演じる身体をもっとつくる必要がある。それが私の今後の課題です。

 


こんな話を正直に、書いているのは、
今回の公演を終えて今後のアブラクサスの方向性をハッキリしていこう決めたからです。


本番終えた 10日の早朝、突然今まで誤魔化し、隠していた事をやめていこうと、スッパリ削ぎ落とされました。

今まで隠してきた、どう思われるかを気にして堂々と公表出来ていなかった、
自分が本当に舞台を通してやっていきたいかったことを、前に出していく団体にしようと決意しました。


アブラクサスは【太古の演劇は天と地と人間の橋渡しでした。アブラクサスはその橋渡しの演劇をしています。】
をより前面に出していきます。

そこに賛同して頂ける方々と繋がり新しい社会システムを生み出していく為に。


f:id:shamballaplanetapollon:20170712173828j:image

ジャンヌありがとう‼︎

毎回泣けるほどの愛と内なる静けさ、ミッションからくる炎の剣を体感しました。

 


f:id:shamballaplanetapollon:20170712173852j:image

LOVE

Hexagram∞ジャンヌダルクの秘義∞

f:id:shamballaplanetapollon:20170616215703j:image

 

f:id:shamballaplanetapollon:20170616215654j:image

 

 

 

 

7月舞台公演案内

 第14回公演


Hexsgram
ジャンヌ・ダルクの秘義∞

1453年100年に続いたイングランドとの戦争に勝利し、イングランドの包囲から解放されたフランスは、国中で祝福の鐘が鳴り響き、歓喜に満ち溢れていた。
ルーアンの広場に呼ばれた4人の人々。
彼らは、3年前からフランス国王の依頼であるジャンヌ・ダルクの調査を断り続けてきた4人だった。4人の記憶にあるジャンヌ。
22年前には見えていなかった彼女の姿が、見えてくる。


【日時】
7月
5日(水)19:30
6日(木)14:00/19:30
7日(金)14:00/19:30
8日(土)14:00/19:30
9日(日)15:00
《開場は開演の30分前です。》

【会場】
OFFOFFシアター
小田急線、井の頭線下北沢駅徒歩1分」


【チケット料金】
全席自由前売り/当日3500円
初日割(5日19:30)3000円
学生3000円(前売りのみ)*学生証提示下さい。

【チケットご予約】

https://ticket.corich.jp/apply/83017/001/
または、【お名前と希望日時、チケット枚数を明記しそのまま返信くださいませ。】

公演詳細
http://abraxastheater.wix.com/2017

春分奉納祭

儀礼芸術集団和羅靈による春分奉納祭。

 

感謝します。

 

 

 

新しい時代、自分むき出しの生き方、

スタート

 

 f:id:shamballaplanetapollon:20170322215055j:image

 

 

 

 

f:id:shamballaplanetapollon:20170322215039j:image

 

 

 

f:id:shamballaplanetapollon:20170322214938j:image

 

 

  

目覚めの儀

 f:id:shamballaplanetapollon:20170308224239j:image


春分奉納祭「目覚めの儀」

 十種神宝~オキツカガミとヘツカガミ~

 

リチュアルアート(儀式芸術)集団「和羅靈~ワラヒ~」によって行われる本格的ART奉納。

 

人がより高いレベルへと意識進化する十種神宝(とくさのかんだから)の持つパワーを

奉納を通し日本の精神の中に復活させます。

 

十種神宝とはニギハヤヒノミコト天孫降臨の際に授かったとされる神宝。

三種の神器をより細かく分類したものともいえます。

 

多くの神話は創造空間であるツクリバのストーリーであり、

神宝として授けられたモノは人間の精神進化や世界の進化を促す、

ツクリバへの帰還の鍵となる意識プロセス。

神話として残された宝の波動に触れることで、

私たちはかつて神々が世界を創造した時のような

クリエイションのパワーを取り戻すことができます。

 

今回は十種神宝1つ目と2つ目の「オキツカガミとヘツカガミ」によって、

その場に参加する人々や日本という土地に対して、

クリエイションのパワーの最初の覚醒の儀を行います。

 

 

 

「オキツカガミの儀」

かつて存在した完成された世界である森羅万象に与えられるパワーを受け取るための儀。

私たちは他者から「見られる」ことによって「存在する力」を目覚めさせます。

かつて世界をクリエイションした神々が私たちの精神の内側を覗き込み、

私たちは「見られる」ということを通し、精神の内側に新しいクリエイションのパワーを誕生させます。

「神の視野に入る」ことを意味するアート儀礼を執り行います。

新たなクリエイションである生命は、古き「個」の死によって始まります。

水と月のパワーによって起きる死と再生の転換。

確立された「個人」の意識を一度手放し、まっさらな状態になり、

新しい可能性が誕生するゼロの持つ無と無限の可能性を開く儀礼となります。

 

 

「ヘツカガミの儀」

オキツカガミによって「見られる」ことで誕生したクリエイションの生命。

内側に産まれ育つ新たな精神である太陽。それは死と再生の水の中から生まれる太陽であり、

潤いと悦から始まる新しいクリエイションの核のパワー。

ヘツカガミの儀によって精神の内側に目覚める女性性を帯びた火のエネルギーが誕生します。

それは荒々しくも燃え盛る炎ではなく、ゆるりと熱く灯る魂の火のパワー。

新たなクリエイションは完全に委ね脱力した中に生まれる、完全なる調和の炎。

ヘツカガミの儀礼は内側に灯る上質で美しい創造の炎を目覚めさせてくれるものとなります。

 

 

 

春分の持つ力」

オキツカガミの死と再生の儀礼では魚座の持つ個を超越するパワーを、

ヘツカガミの誕生の儀礼では牡羊座の持つ新たな生命の始まりのパワーを動かします。

春分という特別な変容の時期に、私たちの内側にあるオキツカガミとヘツカガミを

目覚めさせるための儀礼芸術の奉納祭となります。

 

 

 

「ヒツギの儀」

出雲で運命的なご縁で繋がったクリエイティティブスポットの

「はこぶね」さんからキャンドルをご奉納いただきました。

「靈継~ヒツギ~」の儀といたしまして、

キャンドルを灯す「火継/ヒツギ」によって幕開けします。

出雲より繋がる、国津神の神々の持つ世界創造のパワーを東京の地へと繋ぎます。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

儀礼芸術:

  和羅靈~ワラヒ~

     岡崎直子(ヒツギ/火継ぎ、コトバツムギ)

     加藤由迦(オキツカガミ)

     淺野静香(ヘツカガミ)

     KALANI(アートディレクション

 

 

スペシャルサンクス:

     寺田和未(運営監督)

     TUKURIUM株式会社(企画/協力) 

     はこぶね(出雲/玉造アートボックス)

 

 

インスパイア:ヌーソロジー

 

奉納ご協力:金王八幡宮

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リチュアルアート集団「和羅靈~ワラヒ~」とは。

 

メンバー全員が10年以上にわたる儀礼のトレーニングを積み、

形而上学、神秘学、シャーマニズムなどに精通した、

エネルギーワークのプロフェッショナル集団。

2017年から始まる「創造時代」に向けて、

芸術を通した意識覚醒を促す奉納の儀を執り行う。

メンバーそれぞれが、コトバ、オト、イロ、マイ、

カタチを使いこなすクリエイターとして活躍する中、

奉納という最も神聖なアートの原点を現代に蘇らせます。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【タイムスケジュール】

 

15:30~15:50ごろ 本殿ご祈祷

※ご来場の方々は、金王八幡宮境内にてご祈祷の時間をお過ごしください。

 

15:50~16:30 神楽殿 奉納の儀

境内にあります神楽殿にて芸術儀礼の奉納を行います。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【ご注意とお願い】

 

奉納場所である金王八幡宮への直接のお問い合わせは

ご迷惑になりますのでご遠慮くださいませ。

 

境内の本殿につながります中央参道に立ち止まり、

参拝の邪魔になりませんようご協力ください。

 

会場周辺で人だかりができますとご近所の方に

ご迷惑がかかりますのでご遠慮くださいませ。

 

会場準備等の関係上、15:20以前に

お越しにならないようご協力くださいませ。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

開催日時:3/20(月祝)

     15:30~16:30ごろの予定

開催場所:渋谷駅徒歩5分 金王八幡宮

東京都渋谷区渋谷3丁目5番12号

 

参加費:無料/お申し込みは不要です。